【撮影実績/レポート】安藤美冬様/2017.08.05 これからの時代の戦い方。

カメラマンのtakumiYANOです。

フリーランサー/コラムニストの

安藤美冬様の宣材写真を撮影させていただきました。

今回は、85日のトークイベントの内容をご紹介させていただきます。

|「これからの時代における戦い方・活躍の仕方」

大事なのは、ワークスタイルとライフスタイルをどうしたいか明確にするということです。
会社を辞めるほど打ち込めるものがある、という時代でもないです。
それでも、だれにでも好きになるという才能があります。

一つのことを追い求められるのも、大事なことですが、
私の場合はむしろ、いろいろやっていきながら、職業=安藤美冬
という働き方を実践してきました。

これからの時代の戦い方、活躍の仕方において意識すべき、5つのポイントを軸に、お話いただきました。

  • HOWを考えること
  • やりたくないことを考えること
  • メンターを探す
  • 在りたい生き方にそぐわないものをそぎ落としていくこと
  • 自分自身の発信をしていくこと

|Howを考える

もちろん、やりたいこと、を考えるのは人生を豊かにさせる上で大事です。でも、それ以上に、どのように生きたいか。生活したいかを考えることが重要です。
美冬さんは、好きな人と、好きな時に、好きな場所で働く。
ということをHowにおいています。

どのように生きたいか、を考え、
そしたらそれを成し遂げるために、何(What)をやっていくかをきめていくことができます。

|やりたくないことを考えること。

最初からやりたいことを見つけ、やり続けることは、実際、この時代、難しいことです。
でも逆に、Howとして在りたい生き方を決めると、やりたくないことが洗い出せます。
また、事業のアイデアもネガティブな感情から生み出されることが多いです。
もしかしたら、怒りを感じることを解決する、ということに天職があるのかもしれません。

・メンターをみつけること

Howを考えたら、その生き方を実際にしている人をロールモデル=メンターにしましょう。
架空、マンガ等の人物ではなく、実在している・いた人物がいいです。
(本田圭佑さんや、坂本龍馬など)
そして、メンターを考える上で、3つの力を意識する必要があります。

1.上方向のメンター自分を引き上げてくれるメンター
2.水平のメンター切磋琢磨する、仲間や会社の同僚
3.下方向からのメンター自分を応援してくれる家族、お客様、ファン。

大切なのは、有名であろうがなかろうが、この人から学ぶことがある、
と感じたらメンターだということです。

そして、この3方向の力をできるだけバランス良くしていくことが重要です。
メンターについては、「行動力の育て方」について詳しく書いています。

|Howにそぐわないものをそぎ落としておく。

美冬さんの場合、好きな人と好きな場所で好きな時に働くというHowがあります。
その時、もしカフェを開くチャンスが来たら?
そのときやりたい!と思っても、一度立ち止まる必要があります。
カフェを開いてしまったら、お店、社員と好きな人と、
好きな時に、好きな場所でというライフスタイルができなくなってしまう
だからこそ、自分がどのように生きるかを考えた時、

それができなくなることは削ぎ落として行く必要があります。

|自分自身の発信をする

SNSはもちろん、すべてのコミュニケーションが大事です。
いま、こうやってブログを書くこと、講演会にいって隣の人と会話をすること、すべてが発信です。
実際、自分の成し遂げたいHowをみつけたら、それを実践する人に会いましょう。
すると自分の人間関係がガラッと変わってきます。
独立前、3000人の方とあったという美冬さん。
いつまでに、何人という具体的な数と目標をたて、
行動していったとか。

そして、SNSについても詳しくお話いただきました。
いま美冬さん自身は遠ざかっていますが、これは、
いままで一通り、発信してきて結果になってきたからでした。
Facebookとツイッターとブログ、Instagram…
これらを使いこなしてきた美冬さんだからこそ、具体的にお話を伺うことができました。

SNSの目的を決めること、プロフィールの書き方、投稿回数、投稿時間

具体的な方法は、美冬さんの
冒険に出よう」を読んでみてください。

僕自身、今年から発信に力をいれていますが、
着々と、結果につながってきました。

そして、マルティカルにいきていくこと。
民間からのはじめての校長先生になった、藤原和博さんやキングコング西野さんもおっしゃっている、

”1/100×1/100×1/100100万分の1のレアカード化していく”というお話。
参考:藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

美冬さんも強く推奨されていました。
いまから一つの分野を100万分の1にすると言うより、
一つの分野から派生させていくことが地道に結果が出ます。

|これからチャレンジしていく皆さんへ。

何かチャレンジする時、
凄いこわいことだと感じると思います。

でも、
見方を変えると、それはすごくやりたいことなんです。
どうでもいいことは、やらなくていいことなはずです。

でも、大きく変わることは緊張するし物凄く怖いことです。
怖いって思うことは、
それだけやりたいことなんだって、自分自身にいいかけてみてください。

自分が真剣になって、万が一批判されたら、
それはチャレンジしたことの証です。

情熱が超えていきます。
怖さを受け入れ、一步を踏み出しましょう。

|Wonderland


美冬さん、本当に撮影から、公演までありがとうございました。

僕も入っている、安藤美冬さんと白木夏子さんのオンラインサロン、
Wonderlandでは、お二人のこういったお話をきけ、

さらに独立を考えていたり、理想のライフスタイルをめざすために
頑張る沢山の人がいます。
実際に、僕自身、このサロンでの経験があり、
独立へ踏み出しました。

もし、少しでも興味がありましたら、
Webをのぞいてみてください。

>>こちらからどうぞ!

それでは、改めて、
美冬さん、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です