こんにちは。
東京、大阪、京都で撮影をしているカメラマンのtakumiYANO/矢野拓実です。

カメラが好きだと、いくか問題点があって、
その中でも充電問題だと思います。
カメラ、Mac、iPad、iPhone、モバイルバッテリーと本当に充電するものが多くて困りますよね…。

そんな解決策家バージョンを衝撃的な商品で前回紹介しました。

カメラマンの充電問題を解決するタワー式電源タップ を購入してみました。

(本当にネタ記事ばかりだな…)

さて、とはいえ、
外出先での充電がめっちゃ大事だと思います。

家より大事。

なので、愛用しているAnkerのモバイルバッテリーをご紹介させてください。

まずはスタンダードに

Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 

 

このモバイルバッテリーのなんて言ってもいいところがやっぱりコンセントに直接させて、かつ2つあるUSB端子を使って、例えばiPhoneとモバイルWifiを同時に充電できるということ。

公式HPによると、iPhoneXSを二回分充電できる5000mA
仕組みとしては、まずスマホなどを充電し、その後このモバイルバッテリーを充電しているみたいです。優先度わかってるー!!

2999円とお得な値段。
めっちゃ推しの商品です。

ちなみに愛用しているOSMOPOCKETもこのAnker PowerCore Fusion 5000なら充電にぴったりだと思います。

ですが今回紹介したいのはこちらではない。

カメラ、Mac、iPad、iPhone、モバイルバッテリー…
コンセントもない状態に陥ることもよくありませんか‥!

そんな時あったらめっちゃ重宝する文鎮をみつけました。

Anker PowerCore+ 26800 PDがやばい。

わかりますか…?

 

先程のAnker PowerCore Fusion 5000と並べたときの大きさ。

 

iPhoneと並べたときの大きさww

いや文鎮ですね。

 

ちなみに持ってみると、レンズはずしたカメラボディのほうが軽いです。

デメリットばっかりいってますね。すみません。

でもねでもね。

この子やばいんです。

先程の5000mAのFusionでiPhoneXS約2回だったじゃないですか?

この子、

 26800mAh なんです。

5.2倍くらいですよ!?

いやそりゃ重いわw

公式で言われるには…

iPhone XSを7回以上、タブレット端末を2回以上、そして、MacBookおよびMacBook Pro(13インチ)を1回以上充電が可能

すごくない!?

どんな時使えるのかって考えてみたんですが…

僕がよく使うシーンだと…

まず移動で重宝します。

新幹線や飛行機で通路側に座りたい皆さんいますよね…!

僕も間違いなくそのタイプなんですが、
新幹線って窓側にコンセントあるんです。
憎たらしいほどに使えない。
コンセントより、寝ている相手を飛び越えてお手洗いに行くほうがすげえストレス。

それならMac充電できるモバイルバッテリー買えばいいじゃない、と陥りました。

・最近のあの有名なチェーンのカフェはコンセントを削減傾向

某カフェを始めとし、回転率をあげるためか、コンセントがないカフェが急増してきたと思います。しかし時代は逆を行き、フリーランス大航海時代…。それならMac充電できるモバイルバッテリーがあったらめっちゃ便利…。

もういまどきパソコン使わない?

再びいいますが、

iPhone XSを7回以上、タブレット端末を2回以上充電できる最強の一品です。

 

おっと、、、カメラの話でした。。。。。

カメラがバシバシ給電できる。

最近のカメラはタイプCのUSB設定になってきました。
特にSONYのα7のモデル、そして愛用のFUJIFILM X-T3。

じゃあどんな時に使うのかなあと思うと、
・単純に充電忘れていた。(この人はモバイルバッテリーも充電しなそうだなw)

 

 

え、Canon 5D markⅣ でタイプCの恩恵に預かれない?

いやいやいやこういった解決策はいかがでしょうか。

これなら撮影中、充電をモバイルバッテリーから行っておけるとおもうのです。

そうそう、このAnker PowerCore+ 26800 PDは2つモデルがあって、

僕が買ったのは急速充電器付きのモデルです。

アンカー モバイルバッテリー 26800mAh(USB-C急速充電器付属モデル) PowerCore+ 26800 PD ブラック B1375112-9 [B13751129]

こちらは9999円(税込)
少し高いですな…

ですが、付属する充電器により、Power Delivery対応入力ポート(27W)によって、本体充電にかかる時間が圧倒的に短くなりました。約4.5時間でバッテリー本体への満充電が可能とのこと。

(いや4.5時間で満タンもなかなか長いわw)

でも安心してください。
そんなに一気にたくさんは使わないと思うので、一回充電すれば毎回のターンは短くなるはず…

 

アンカー モバイルバッテリー 26800mAh PowerCore 26800 ブラック A1277011-9 [A12770119]

ちなみに急速つかない方。

こちらがAmazonで5999円。

…タイプCが2個ついてる…?
あーなるほど…
それ用の急速充電器があるみたいですね。
それでも6.5時間かかるそう…。

ちなみに4999円のモデルもありますがこれはまちがえちゃだめです、
タイプCではなくて、microUSBや…。Androidの昔のやつみたいな感じですね。

最後に。

このバッテリーは災害時絶対使える。

災害が起きたら速攻でMacは捨てますが、
iPhoneは必須ですよね。

7回充電できるこの子があったら安心かと思います。

万が一の時にこれがあってもいいかもと思います。

 

 

いやーこんなにバッテリー型文鎮の記事に時間がかかるとは思いませんでした。

まあ、

めっちゃ重い。すげー重い。

 

ので、導入するのは要検討くださいませ。笑

家での充電はこちら!