こんにちは、カメラマンの矢野拓実です。

東京は渋谷の朝の渋谷を拠点にしたコミュニティ、朝渋の撮影をずっと担当させていただいていて、その内容の記事を全然書いていなかったなあと思って、こちらも更新していこうと思います。このイベントは本、や人をベースにしたものなので得たもの考えたことも振り返ってこれからの活動の糧にしていきたいと思います。

FUJIFILMが好きで、どんな写真撮れるのかが興味あるという方は、写真と構図をみてくださいね。

 

キングコング西野さんの撮影をさせていただきました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【ダウンタウン×キングコング西野】 . . 来週(9月20日)の『ダウンタウンなう』で、ダウンタウンさんと御一緒させていただくことになりました。 「本音でハシゴ酒」という酒を酌み交わしながら踏み込んだお話をする企画です。 収録があったのは随分前なのですし、予告動画の宣言通りペチャクチャに酔っ払っておりますので、何を喋ったか細かく覚えておりませんが、「今回のお仕事は本当に楽しかったので、素敵な機会を作ってくださったスタッフさんに御礼を伝えておいて」とマネージャーに伝言を頼んだことと、この収録で、ダウンタウンさんのことがこれまで以上に好きになったことは明確に覚えています。 もう一つだけ覚えているのは、「西野がダウンタウン松本人志をプロデュースするなら?」という話題になったこと。 個人的には、企画会議ではねられてしまうような(世間の需要を無視した)松本人志の天才的で変態的な企画を見たいと思ったし、僕と同じようなことを思っている人もいると思ったので、「広告主からお金を貰う『広告収入』で活動する以上は企画書を通さなきゃいけなくなるので、お客さんから直接お金を貰う『ダイレクト課金』で活動できるクラウドファンディングやオンラインサロンのような面も用意してみては?」と糞生意気に提案してみました。 . . 「広告費で回っているテレビ番組の中で、なんちゅう話をしてるんだよ!場をわきまえろ!」といったところですが、この時の西野亮廣はもう完全に酔っ払っていたので、更正させることは諦めてください。 素敵な機会を用意してくださったスタッフの皆様、ずいぶん深いところまで話を運んでくださった坂上忍さん、そして、酔っ払った後輩の話を笑顔で聞いてくださったダウンタウンさんに感謝感謝でございます。 好きです。 とにもかくにも、芸人のビジネスモデルにまで話が及んでしまうほど踏み込んだ内容となっておりますので、是非、ご覧ください。 最近だと、『ボクらの時代』(フジテレビ)と『ゴットタン』(テレビ東京)の収録があり、『ENGEIグランドスラム』や、MCを務めた『7G』や、『しくじり先生』の梶原君の回も相まって、普段、あまりテレビに出ていないキングコング界隈がザワついております。 . 「何か狙いがあるのでは?」と勘繰られるのですが、これに関しては本当に「面白そうな番組からのオファーが、たまたま重なった」というだけですので(本当に!)、この先に何かを期待されても、何もねぇです。 オンラインサロンメンバーは御存知だとは思いますが、僕にはどうしても辿り着きたい場所がありまして、その為にやらなくちゃいけないことを今日もコツコツと、これからもコツコツとやっていきます。 相変わらずテレビは大好きですが、一方で、テレビ露出の期待には応えられないかもしれません。 ですが、必ず別の形でエンタメをお届けしますので、これからも「あんまりテレビで観ないけど、たぶん裏で頑張ってるんだろうなぁ」ぐらいの生温かい目で応援していただけると嬉しいです。 メチャクチャ頑張ります。 とりあえず、来週の『ダウンタウンなう』観てね(*^^*) . . #オンラインサロン  #西野亮廣エンタメ研究所

AKIHIRO NISHINO📪さん(@japanesehandsome)がシェアした投稿 –

この写真よく使ってもらっていますね笑

 

西野さんの本を読んだことでフリーランスとしてやっていけたと思う。

実はフリーのカメラマンになりたい、と思ったとき、たまたま友人から魔法のコンパスを勧められて。キングコング、なんてはねとびに出てた人だよなーと思っていたのですが、そんな人がビジネス書を書くんだと思い、ちょっと購入してみました。その内容がとてもよくて、実際クラウドファンディングも僕自身行ったりと1年目のフリーランスの活動はしていきましたが、西野さんのこの本に出会わなければ先はなかったかもなあと今でも思います。

そんな西野さんが革命のファンファーレを経て、新世界という本を出版し。こちらの著者イベントということで、西野さんに登壇していただけました。

新世界で学ぶコミュニティのあり方。

 

西野さんはオンラインサロンを3年間で2万人、という日本一にまで急成長させていて。その爆進の裏側はどうなっているのだろう…。詳しくは朝渋のメディアで読んでもらいたいところなのですが、西野さんが何回もおっしゃる言葉があります。

物語が大事。勝ち続けるのはよくない。

西野さんのサロンに入っていると、何億円もの借金をして美術館を建築しようとしていたり…いまはまたとんでもないことやってたり…。
ぱっとみ、芸人で大成功し続けているやんと思われがちですが、こうやって新しい分野でそもそも負けているような状態からチャレンジし続けることが大事なんだなあと大先輩をみていて思います。

はてさて、まだ26年しか生きていない自分…失敗ばかりなのにそれを恥ずかしがって全然助けてほしいとも言えず一人勝手に死んでいってる気がします。もっと自身をさらけ出すことをしていかねばなあって思います。

といいつつ、まず一点突破。

キングコング西野さんもそうなのですが、落合さんにしても箕輪さんにしてもSNS等で有名な人って一点突破を必ずしているよなあと思います。そこから次のところ次のところ、って突破力の先を描いていっている気がする。

なので、まずは写真、だまって10年やってみたいなあとつくづく思います。

てかまだそれしか僕にはない、写真しかないんです。
で、写真というものを深めるためにさまざまな世界に触れてみるのはあり、むしろ必要条件なのだと思います。

まずは圧倒的に自分が結果を出していくこと。

がんばります。

CAMPFIREコミュニティ にてSalon de Photoというオンラインサロンを実は運営しています。
その中でできるだけ奮闘の様子や写真についてお話しているのでもしよければみてみてください…!

謎にトップにあげてもらえて恐縮でする…。

使用機材:X-T3&XF90mmF2

使用機材は愛用のFUJIFILM X-T3とXF90mmF2.0です。

【X-T3 作例・レビュー】FUJIFILM至高の逸品。写真にも動画にも、仕事として使える最高の1台。

【FUJIFILM XF90mmF2 R LM WR レビュー ・作例 】FUJIFILMでポートレートを撮るなら間違いなく、この一本。

 

西野さんに追いつけるようにどうにか頑張りたいものです…。

キングコング西野さんの新世界をAmazonで見る。

撮影のご依頼はこちらからどうぞ。