こんにちは、矢野拓実です。

 

FUJIFILMの記事をこれまで書いてきましたが、そういえばあんまり比較の記事書いていないなあと思って、今回書いていきます。

ポートレート撮影には、XF90mm2がバッチリなのですが、

【FUJIFILM XF90mmF2 R LM WR レビュー ・作例 】FUJIFILMでポートレートを撮るなら間違いなく、この一本。

XF16-80mmの80mmF4の範囲はどうなのか、というと僕はめっちゃ好きだなあと思います。

その写りがどれくらいちがうのか。

見比べていこうと思います。

 

両方開放で、お花で実験してみました。

 

 

 

いかがでしょうか。なんなら、同じレンズで撮ってる感じが強いですね笑

どちらも開放F2 or F4で撮ってます。

 

XF90mmF2はボケ感がとろける印象。

 

F2で明るい分、シャッター速度も1/125でかせげますが、焦ると、若干やっぱりぶれるかなあ。(そこか)

しかしボケ感はやはり溶けますね。すごい。美しい。

>AmazonでXF90mmF2をみてみる。

80mmF4は立体感とボケ感を両方演出できる。

 

 

これ全部ISO250くらいのシャッター速度1/15なのです…。

これができるのがこのレンズのいいところだよなあああって思います。

ていうかかなりボケる…。なのに被写体がシャープに写る、というところに矢野は感動して愛用しています。

>XF16−80mmをAmazonでみてみる

XF16-80mmとXF90mmF2、どう使い分けるか。

正直ちょっとむずかしいレベルかも知れません笑

これくらいの距離感のポートレートで背景がとろとろにボケる、そんな表現を希望するなら、XF90mmをオススメします。

あと、ポートレート撮る、って決めたときだったり、仕事の写真を撮る、って決め込んだ時にXF90mmを矢野は使いたい。

しかし全能をもとめるのであれば、矢野はXF16-80mmを推したいかもしれない。笑

いかんせん、16-80mmのF4通しではありますが、レンズ分全て変えた感じで、結構な背景の良い感じのボケ感でボケるのです。背景をしっかり生かしてくれるのです。

最近はずっとこればっかり使ってます。

 

いまならFUJIFILMユーザーに一番推したいレンズ候補かも知れない。

 

いまFUJIFILMのレンズを推すならと聞かれたらまっさきにXF16-80mmかもしれません。今まで、XF23mmのF2に任せっきりだったりしましたが、F4の世界もいいなあって思ってます。

いやーーーしかしコスパ的にはXF23mmが最高。

しかし、XF35mmF1.4も使うと良いのだよなあって思う。

なかなか難しいレンズ選び。それもおもしろいか…。笑

是非他のレンズもみてみてください。

【XF23mmF2 R WR レビュー・作例】スナップにも、隣の大切な人との空気感を表現するにも適した最初の1台におすすめのレンズ。

【XF35mm f1.4 R 作例・レビュー】FUJIFILMの神レンズと言われる所以。