こんにちは、カメラマンのtakumiYANOです。

カメラを使う、それも一眼レフ、となると、やっぱり背景をぼかしたいと思います。
それができて楽しいと思えるのはやっぱり、フルサイズの換算でいうと、人間の目線に一番近いと言われる50mm近い画角で、かつF値が2未満のレンズになってくるのかなと思います。

今日は僕が愛用している、FUJIFILMの中でも神レンズとまでいわれる最高の1本を紹介させてください。

最初にお伝えすると、

・ポートレート
・ブツ撮り

をしたい人に一番オススメのレンズです。作例も含めて紹介していくのでぜひぜひ読んでください。

人生で初めて出会ったFUJIFILMのレンズ、XF35mmF1.4。

FUJIFILMとはじめて出会った日。
家電量販店で他のメーカーの用事できていたのですが、待ち時間でうろうろしていたら気になってX-T10を触ってみてて。その時に店員さんにこのXF35mmf1.4を紹介され、実際に使ってみて、EVF(電子ファインダー)に映し出される、浮かび上がっているような感覚。その興奮がやまず、そのメーカーのカメラをすべて売ってFUJIFILMに一気に切り替えました。
こちらの記事でめっちゃ熱く語っています。笑

写真家としての人生を決定づけたのはFUJIFILMだったと思う。

 

物撮りにも、ポートレートを撮るにも最適の距離感とボケ感。

いま僕自身、さまざまなお仕事で撮影させていただくのですが、その中には物撮り(カフェメニューなど)やポートレートと幅広い写真を必要とされます。

こういった写真で一番必要になる画角、となるとフルサイズでいう50mmの画角となってくるかなーと僕は思います。35mm画角だとちょっと広いから寄ったりトリミングしたりで慣れないと最初は難しいかなとか、それ以上の大きさだと逆に離れたり…。特に取材系のお仕事をされる方は画角づくりめっちゃ慣れないといけないなと思います。いかんせん、時間がないので、瞬発力がいるようになる。そんな時に人間の目に近いこの画角は見たままで撮るには一番近いのでオススメです。

 

*FUJIFILMはミラーレスAPSCと中判カメラしかだしていないので、フルサイズはないのです。

サイズ感は、あんまり気にならない重さかなという感じ。

重量としては、187g。X-T30が383gなので、520gくらいになります。

あんまり重さは気にならないかなあと思います。コンパクトなカメラ感。

X-T3につけるとこんな感じ。

縦型バッテリーグリップをつけると仕事利用でも使えるようなずっしり感を出してくれます。逆に必要なときもあるのですよね。。。。

XF35mmF1.4のデメリットを上げるなら。

X-T2やX-T10で利用していたとき正直AFがちょっとだけ遅いかなあと思うことはありました。まああんまり気にならない程度な気もしますが。しかし!X-T3とX-T30で使うのであればまじで爆速です。動画もオートフォーカス速いです。

あとWRがついておらず、防塵防滴ではないのでそこはめっちゃ気をつけたほうがいいと思います。こちらはXF35mmF2から対応しているのですが、最初のラインナップということもあるので仕方ないかなと思います。

気になるお値段。

まじで中古で買っていいと思います。

カメラのキタムラさんで55000円くらいからありますね。

アマゾンで新品で63000円くらい。妥当な値段かなあと思います。

最高の撮影体験を生み出してくれる一品。

いままでXF35mm F1.4 Rのレビューをしてきましたが、やっぱり最高のレンズだと思います。

はじめてカメラかう、という人には推したいですなあ…。23mmもめっちゃいいので、ほんと迷う…!写真ライフが彩るのは間違いないと思います。

【XF23mmF2 R WR レビュー】スナップにも、隣の大切な人との空気感を表現するにも適した最初の1台におすすめのレンズ。

 

よりポートレートの幅を広げたいという方へ。XF90mmという最高の描写をぜひ。

【FUJIFILM XF90mmF2 R LM WR レビュー ・作例 】FUJIFILMでポートレートを撮るなら間違いなく、この一本。