あけましておめでとうございます。矢野拓実です。

動画でまずは挨拶をしているのでお時間許せばぜひ見てください。

2019年本当に皆様にはお世話になりました。
このブログも力を入れ始めたのは10月からだったのですが、
12月末で1.6万PVを突破し、たくさんの方々に見て頂けることが本当に嬉しいなあと思います。

一方で、2019年を振り返るとあんまりいい年ではなかったかもなあと思います。

特に人間関係がきつくて少し潰れそうになっておりました。

詳しくはこちら

かといい、悪いことばっかりだったかというとそんなこともなく。

NewsPicksさんの撮影を多めにさせてもらったことは本当に良かったし、何より妻が妊娠してくれました。とても嬉しい。

そして人生ではじめて松葉杖になったのですが、これを機に働き方も見直せたし、メンターとの再会もあって2020年に対する新しい光の兆しが見えた気がします。そのために人間関係を断っていったのかもしれないと思うようにします。

 

計画は3年スパン。

 

2017年1月にフリーランスカメラマンになって、はや3年が経ちました。
この3年という期間はとても大事にしていてます。

メンターの教えでもあり、藤原先生やキンコン西野さんといった方が話している
1/100のスキルの3つの組み合わせを作るということ。

そして、1/100のスキルになるためには平均的には3年くらいの時間がかかると言います。

Amazonで見てみる

フリーランスのカメラマンになって、写真というスキル、
フリーランスでの活動スキルを体系的に考えると、

2017年、基礎的な撮影ができるようになり
2018年、2017年の繋がりと実績により案件の濃度が濃ゆくなり、
2019年、大きなお仕事を継続的に撮影できるようになってきた

というような3年間だったと思います。フリーランスなりたての頃、メンターの教えにそってこのようなイメージをしていましたが、まあ…器用でもないのでやっぱり3年はかかったなあと思います。

となると2020、2021、2022と次の3年間の計画を立てていく必要があります。

詳しいその3年間の計画はnoteの月額マガジンにて書いていこうと思います。

2020年は学ぶ期間。

2020年だけの話をすると、まずは学ぶ期間、準備期間としても置こうと思っています。

何を学ぶのか、というとガッツリデザインを学ぶつもりです。学校にも行くつもりです。

写真、映像というように専門の分野を持っていますが、これを活かす、さらにはそれを超えたところでお客様のために自身が力をつけていく必要があると強く感じた2019年でした。WEBでどう写真を使うかというところまで落としこんでいない状態。

写真を深める、ということに対してもデザインを学ぶことは活きてくると思います。
写真一枚の中身をデザインする、ディレクションする。そのアイデアをもっと深めたいなあと思っています。

そして家族のあり方と仕事の両立をアップデートする。

来年の5月に子供がやってくる予定です。
出産のあとは育児。妻だけに任せることは絶対したくなく、二人で成長を見守っていきたいと強く思っています。

なので出ずっぱりで仕事、という状態はなるべく避けて、家でも価値の高い仕事ができる、そんな自分になりたい。

そのための2020年、前半しっかり準備していきたいと思います。

 

仲間と遠くまで行く。

これはずっと持っている目標なのですが、仲間と遠くまで行く。
企業、会社という形態ではないので社員さんは雇えません。
でもクリエイター仲間とどこまでも行きたい。たとえ不況が来ても。

そのためにはまずは自身が力をつけていくことがこれからの課題だと思っています。

そしてそれが達成できるようになってきたら、お客様へ価値を出すことができ、より更に遠くに行けるんじゃないかなあと思っています。

 

 

 

さてさて、かといい、年末年始はお客様もお休みに入っているので、家でゆっくりYoutubeを撮ってアップしたり、初詣にでかけたりしています。

 

また家で見たかった番組を見たり映画見たり…。そうそう、放送中はみれなかった左ききのエレンが…U-NEXTで見れるんですね…。初月無料なのでとりあえず契約してみました…。4日くらいまでは色々見てみます。

無理せず走っていく。みんなで遠くまで行く。